ニュースを生でインプットしたけいのだけれど。。。



・内容が面白そうなニュースなのに、リスニングしてみたら今一つ意味が良くわからない


・スピードが早すぎてリスニングしようがない


・知っているボキャブラリーなのに、意味がつかみにくい




そんなあなたにピッタリな

コースです

1)「フランスで起っているニュース」についてトピックごとに


2)「ニュースの背景にある社会的事象」と


3)「覚えるべきボキャブラリーとフレーズ」を


レクチャーしています。

フランス語ニュースの特徴

フランス語のニュースの特徴は、イントロにあります。


短いイントロでそのトピックを言い表しているので、ここがわかると全体が見えてきます。


ニュースにしても、リスニングは何度もしていけばできるようになるとも言われています。


しかし、知らない単語は何度聞いても、聞き取りはできるようにはなりません。


単語のスペルがわからないので、辞書でも調べることができないのです。


ですので、まずはボキャブラリーの音と意味を知り、コンテクストを理解することが必要なのです。


意味が理解できたら、今度は何度も聞いていくのがいいのです。

スピードにも慣れていくことで、わかるようになっていきます。


このコースを受講することで、


●なんだ、このことだったのか、こおいうことだったのか、

ということが多くなり、


●パズルが段々と解けてきた


と感じて行くことでしょう。



各セクションで


いつ:quand

誰が:qui

何を:quoi

どうした:comment

目的:but

と、ポイント解説しています。


ニュースが分かると

フランスにはエスプリ・クリティックという考えがあります。

ニュースはフランスで起こっていることをカバーしていますので、日常的なボキャブラリーよりハイクラスな表現もリスニングできるようになり、ポイントをついた会話がでるようになっていきます。

言うのは簡単、しかし3日でできるようにはなりません。だからこそ自己価値のランクアップをして将来の為に頑張りたいと思いませんか?

(注意)このコースは文法解説をしておりません、また声が気に入らないと継続できませんので、プレビューの動画をご覧いただき、お申し込みください。

【よくあるご質問】

1.コースはどのように受講するのがいいですか?

各トピックはビデオとテキストで構成されています。

「単語まとめ」や「クイズ」で、毎回のトピックに出てきた単語や、リスニングが出来にくい単語やフレーズを書き出しています。

文字で確認して、合わせて暗記していくと効果的です。

レクチャーのビデオの下には、関連する記事のリンクを貼り付けていますので、ニュース記事を参照できます。

 

2.受講していくとニュースが分かるようになりますか?

現在のレベルにもよりますが、リスニング力がついていきます。

毎回のトピックで出てきた、ボキャブラリーを文字で理解して、リスニングしていくことで、イントロのパターンが分かってきます。

毎トピックで10~15個の単語とフレーズ、コンテクストを学習できますので、毎月約100語のボキャブラリーを学習でき、リスニング力はついていきます。

 

3.コースはどのようにスタートしますか?

申し込み後、「アカウントのコンファーム」、「あなたは次のコースを受講しました。」という2つのメールが送られます。メールをコンファームして、最後の「あなたは次のコースを受講しました。」からボタンを押してアクセスするとコースが受講できます。


4.購入の名前は本名でないとダメですか?

カード決済にはカード保持者名で行ってください。そうでないと決済ができません。

コース登録はニックネーム可です。ただ申し込み時のメールアドレスはいつも使っているメールで行ってください。

メールアドレスにご連絡がいきますので不達の可能性がでます。

コースのカリキュラム


  初めに・フランス語のニュースリスニング力をつける
可能 日数
日数 申し込み後
  1 フランスで何故億万長者が増えるのか?不平等危機とはどんなこと?
可能 日数
日数 申し込み後
  2 Metoo運動から「ミートゥー・テアートル」(#Metootheatre)その意味は?
可能 日数
日数 申し込み後
  3, 欧州の時間変更は今年が最後?来年は夏時間のみ?
可能 日数
日数 申し込み後
  4,宇宙飛行士トマ・ぺスケの地球への帰還と次のステップ
可能 日数
日数 申し込み後
  5 運転士がJR西日本と1分間の賃金未支払いで裁判へ?
可能 日数
日数 申し込み後

ニュースレクチャー


5回のニュース解説を聞けるので、自然とボキャブラリーが増えていきます。